世界に一つだけのリング

貴金属

様々なモチーフが特徴

ハワイアンジュエリーはハワイ伝統のジュエリーです。ハワイでは古くから、身に着ける装飾品を宝物、お守りとして、母から子へ、子から孫へと受け継ぐ習慣がありました。ハワイアンジュエリーには様々なモチーフが彫り込まれています。そのモチーフには意味や物語が込められています。例えばスクロール(波)のデザイン。寄せては返し途切れることのない波は、永遠に途切れない愛を意味し、贈り物に最適です。ナウパカの花は、火の神ペレが引き裂いた恋人が、それぞれ花に姿を変えてハワイの地で咲き続けるという、引き裂くことのできない愛を表現しています。神聖な花とされるプルメリアは魅力的な女性になるという願いが込められていますし、海の守り神であるホヌは災いから身を守ると言われています。このように古くからのハワイの精霊や伝承に由来するモチーフが彫り込まれています。

丁寧なハンドメイドが人気

このようなジュエリーが結婚指輪として人気のある理由は何でしょう。ハワイアンジュエリーのハンドメイドは、現地の職人が手彫りで一つ一つを丁寧に制作します。昔ながらの鍛造のやり方で金属を鍛え上げて作りますので、密度が高く重厚になります。手に取ってみると、一般のジュエリーよりもしっかりとした重厚感があるのが特徴です。また、何世代も受け継いでいくことのできるような丈夫さを持っています。ハワイアンジュエリーは彫りを大切にする伝統があり、掘削面は美しく輝くのも魅力です。ハンドメイドが基本ですから、オーダーに対応して、自分たちでオリジナルのリングを選んで作り上げることができるのです。素材、リングの形、カットの形などを決めて世界に一つしかないものを手にすることができます。また、イニシャルや誓いの言葉を彫る際にも、英語だと少し照れくさいような言葉も、ハワイの言葉ならばすんなりと選ぶことができるということがあります。